健康経営

  NEWS  
経済産業省と日本健康会議が共同で実施する「健康経営優良法人2023」に当社が認定されました。


健康経営について

健康管理最高責任者(CHO)による健康経営宣言のもと、社員の健康課題の改善・健康増進、生産性向上やワークライフバランスの充実に取り組んでいます。

健康経営宣言


 当社の企業理念「普遍にして不変である宇宙真理の体現」より経営の最高指針のひとつ「身心一如」は、社員一人一人が常に明るい心で楽しく積極的に仕事に挑戦していくことこそ、個人の健康と幸福をもたらすという精神です。

 個人の健康は社員本人だけでなく家族も含め、会社の発展に欠かすことのできない要素です。仕事で高いパフォーマンスを発揮するには健康がベースとなります。

 また、健康な生活による健康寿命延伸は医療費削減、労働力確保等、社会からの要請でもあります。

 さらに、身心の健康には「生きがい」や「働きがい」が伴います。充実感や心の豊かさも、健康生活には必須です。そのための環境整備を実施し、会社と社員の信頼関係を深め、互いに貢献し合う、もうひとつの経営指針「共存共栄」を推進し、より良い未来を築いていきます。

 当社は、社員の健康の維持向上に努めることを宣言いたします。


光洋マテリカ株式会社
代表取締役社長兼CHO 浅香 純


   

健康経営推進体制

健康管理最高責任者(CHO)のもと、管理本部総務部内の健康経営推進チームを中心に、各部門にてサポーターを配置し、社員、会社、産業医、健康保険組合が一体となって健康経営に取り組む体制を構築しています。

   

健康経営への取り組み

光洋マテリカの健康経営では、以下4つを重点的に取り組むことで、社員の健康保持・増進、生産性向上やワークライフバランスの充実を目指します。


①社員の健康を保つための取り組み
②社員の健康増進のための取り組み
③メンタルヘルスに関する取り組み
④ワークライフバランスの向上の取り組み




1.社員の健康を保つための取り組み

社員が健康状態を保ち、いきいき働くために当社では、健康診断の受診はもちろんのこと、社員の扶養配偶者の健診費用の補助や健康診断のオプション検査の費用補助、女性特有の健康課題に関するセミナーなどを実施しております。2023年度からは特定健康保険指導の受診率100%を目標に取り組んでおります。


社員には自身の健康状態を把握してもらい、自分のからだにしっかり向き合ってもらう機会を提供しております。

健康診断関連
2021年
2022年
2023年目標
定期健康診断受診率
100%
100%
100%


2.社員の健康増進のための取り組み

健康経営推進チームでは、社員が運動を習慣化することを目標に、全社員参加型の「歩数イベント」を実施しております。毎月の歩数ランキングを展開し、楽しみながら健康増進をしております。


また、歩いた分だけ世の中の助けになればと考え、1歩あたりを0.005円に換算し外部機関に寄付をしております。社会貢献も兼ねて健康増進ができるため社員がいきいきい取り組めるイベントとなっております。

歩数イベント関連
2021年
2022年
2023年目標
イベント参加率
75.8%
78.6%
80.0%
平均歩数
4,684歩
5,013歩
5,300歩


3.メンタルヘルスに関する取り組み

・全事業場へのストレスチェックの実施と、集団分析結果をもとにした職場環境の改善を促しています。
 ストレスチェック後の産業医の面談に関しては、「高ストレス者」と選定された労働者だけでなく、全従業員に対して産業医面談ができる環境を整備しています。

・社員一人ひとりが働きやすい環境づくりの一環として、社内外に相談窓口を設置しています。


4.ワークライフバランスの向上の取り組み

生産性の向上とワークライフバランスの充実を目的に、働き方改善に取り組んでおります。その一環として年次の有給休暇取得日数を「7日」とするなど、会社を挙げて日々検討しております。
有給休暇関連
2021年
2022年
2023年目標
有給休暇取得率
40%
53%
58.3%