ご挨拶

光洋マテリカ株式会社は「マテリアル加工流通業(加工機能を有する専門商社」です。自動車部品と電子部品の両業界に加え、省エネにつながる制御機器や給水湯設備などの分野で、サプライヤー様とともにQCDS(品質・原価管理・生産管理・サービス)の継続的実現を使命に事業展開を図っています。 
 1955年故吉田三栄吉が「非鉄金属製品の現物問屋」目指して創業した光洋金属株式会社は地場の自動車部品産業とともに業容を拡大し、1996年には「マテリアル全般の取扱いを目指す」方向で「光洋マテリカ株式会社」に社名を変更しました。第二代目社長となる吉田洋の下では、2002年に「素材と加工のナビゲーター」ビジョンを掲げ「マテリアル加工流通事業」への集中と拡大を図り、自動車熱交用アルミ部材事業の会社分割など事業の再編を行いました。
代表取締役社長 青井 勉
光洋マテリカ株式会社 
代表取締役社長 青井 勉
第三代目社長として就任した私の使命は「加工流通事業の持続的拡充」に加え「国際化推進」です。2010年にバンコク(KMPA)、2011年にジャカルタ(KMPI)と香港(KMPC)を設立しました。2013年末には上海(KMPS)「上海自由貿易試験区」に再登記しました。  当社の経営理念は「"宇宙真理"と"事実”に照らし、倫理と道理を重ねあわせた合理的な判断と実行」(順理則裕)です。経営理念の下、私どもは変化を受け入れながら未来に果敢に挑戦し、人材が育つ組織、環境整備を図り、マテリアル加工流通を通して社会貢献に努めてまいります。皆様の一層のご教導をお願い申し上げます。